火は凄いんですよ

こんばんは。

統一感ないですが、思うことも書きなぐりつつ。
自身のSNSで拡散もしていないので、UUアクセス20ぐらいです。
自由に描ける!むしろ訪れて頂き感謝です。

 

思うこと多いですが、
文を書いてないなぁ、発信意識でインプットした方がいいなぁという
のんびりした気分で綴っております。

 

火について。

f:id:himukazu0616:20170328224314j:plain

 

最近は火を眺めて夜眠ります。
スピリチュアルな類は抵抗感ある人間ですが、
良いです。火眺めるの(怪しい人ではないです。)

 

五行の中では、火が一番好きですかね。
水は、流転するではないですか、形を変え国を巡り、命を巡る。
それも素敵な概念ですが、

火はもっと日本人の情動が現われている印象です。

 

単独では存在し続けられない、何かを消費して、消化してでないと
その場に居られない。燃えた後には、灰しか残らない。
火葬も、銃火器も、何か失う要素が付随します。

 

 

 

最新のWIREDの一節に、
「燃え上がる薪を前にした夢想なくしては、休息の哲学を理解することはできない」
というハシュラールの引用が入っていて。


火の持つ暴力性と静けさと畏怖のようなものは、
好きだったりします。

じっと眺めて、今日なにあったっけなー
何を感じて、何が自分の中で変わった1日だったっけなーと、
振り返るのにはいい時間。静けさを持って暮らしたい。

ダイソー100均にて購入。日々の静けさ味わうにはコスパ最強です。