好きの深度

 

f:id:himukazu0616:20171113212001j:image 

 

何か好きなことをするってのは

案外強い感情ではないかもしれん

 

好きなスポーツ、好きな食べ物、好きな映画

初対面で聞くこと聞かれることもありますが

どっちかってーと、好きぐらいですよね。

 

それでカテゴライズしたりされたりします。〜が好きな人、気が合う気が合わないとか。

 

そのどっちかってーと、っていうのが複数あれば方向性やら、志向性やら嗜好性やら分かるのでよいんですが、一回のQで決めてしまうのはどーかと。

 

やらんことで得るものないって進んできたので、ちょっと好きなこと。ってのがやたらあります。よく言えば多趣味、悪く言えば器用貧乏で浅い。

 

手ぇ出してみる、っていうフットワークは重くはないけども、動機が浅いと習熟も浅く。満足するもののハードルってどんどん上がって行くから自分のアウトプットが好きじゃなくなってくる

 

時間も限られるし、

しっかりしたもの作るには時間はかかるので、

やらんと後悔するって思えるものから順に力加えます。一度に沢山やらない。