hehishim

Art,Books,Culture in Tokyo,in Japan

表参道にある岡本太郎記念館に行って来た

岡本太郎記念館

f:id:himukazu0616:20180625011920j:plain

1998年に作られたこの場所。
実際に岡本太郎さんが40年程アトリエとして制作されていました。
表参道にあるってご存知でしたか!
アーティストトークがあり参りました。 

f:id:himukazu0616:20180625012705j:plain

作品が沢山。
写真は全てOKな場所です。

f:id:himukazu0616:20180625012715j:plain

あいにくの雨だったのですが、
中庭にも作品が並びます。

f:id:himukazu0616:20180625012710j:plain

そんなに大きい場所ではなくて
アトリエやいくつかの小さい作品が置かれている
気軽に岡本太郎さんの作品触れに行くにもいいかも

f:id:himukazu0616:20180625012748j:plain

2Fはこんな感じ
靴は脱ぎます

f:id:himukazu0616:20180625012755j:plain

明日への神話の原案もありました
渋谷の『明日への神話』の作品のスケッチも
始めは油絵で下書きを描き、段々と大きくなって行った
メキシコのホテルのために作られたものではあったもの以後転々と同国を周り
日本に戻ってきた

山本直樹

f:id:himukazu0616:20180625012738j:plain

砂糖を使った岡本太郎の絵
補修に使われる雁皮紙に線香で穴を開けて絵を描いて
そこに砂糖を落とす

小さなヴァージョンでのワークショップもあって
全て最後には食べる
砂糖を食べた時にはふっと思い浮かべる

五感で想起される記憶のトリガーを設置して行く作業はとてもいい
視覚情報に時間を多く割いている中で
イメージのアプローチが複合的で好きでした

受賞作品でも五感で記憶を想起させる文脈があってとても面白かった
美術手帖の記事

《Miss Ileのみた風景》(2017)

第20回TARO賞は山本直樹 《Miss Ileのみた風景》に決定|MAGAZINE | 美術手帖


直接話を聞く機会は増やしていきます