【アートレポート】ソーシャリーエンゲイジドアート展に参りまして -スザンヌレイシー -

 

SEA
Socially Engaged Art

f:id:himukazu0616:20170326013259j:plain

 

社会とアートの関わりは311以後また再燃している印象です。
関心を向ける母数が広がったようにして、
日本でも展覧会が開かれました。

 


De tu puño y letra, Suzanne Lacy en Ecuador - EMBAJADA EE.UU. ECUADOR

Suzanne Lacy
スザンヌ・レイシーさん。
DVの問題、女性被害者に焦点を当てた作品。
男性300人が、見知らぬその女性からの手紙を読む。

この取り組みはドキュメンタリーとして定期的に取り上げられることが決まりました。
取組そのものが単発で終わってしまい、
問題の詳細の事実と、その時の女性たちの思いが、
この場にいた人だけでなく多くの人に知ってもらうように。

Suzanne Lacyさんは心理学卒業。
性問題に関しての研究を学ぶうち、アーティストとしてその道を進むことに。
サンフランシスコで教鞭をとり、授業の中でも多くのワークを行う。

問題がデリケートなだけに、反対にあうことも多いとのこと。
社会問題を抗議や、テキストで訴える方法もありますが、
問いかけそのものを別な形で伝えることが、
問題意識をより広く広げることに繋がるかもしれないです。