【アートレポート】Art Fair Tokyo 2017 行ってみた。

行ってきました。
ART FAIR TOKYO 2017

f:id:himukazu0616:20170326010125j:plain

昨年度5万人超を動員したこちらのイベント。
場所が東京国際フォーラムでした。

f:id:himukazu0616:20170326010121j:plain

ランボルギーニ・ウラカンRWD × スプツニ子

f:id:himukazu0616:20170326010130j:plain

Hitomi Shintani 君幸虫


イベント全体の印象としては、
TGCとのコラボなど、より大衆向けの祭典に近づいているよう。
アートがより身近になるようにという意識が感じられます。

コレクター向けのアートバーゼルのような印象を
個人的に持っていたイベントなので、少し意外でした。
チケット代も上がっていましたし、購買スペースにある作品は個人にとってはそれでも高い。

面白かったですが。
あんなに素朴に置いてあるシャガール初めて見た。
井上有一さんの作品も昨年度の21世紀美術館での個展見に行っていたので、
おお、ある。え本物?と思いました。休憩スペースの壁にもあるんですもん。

美術館やギャラリーという「然るべき場」から飛び出た作品群が、
デート中のカップルの時間を埋めている様相は、
主催の狙った所?なのかは不明ですが、その場面を見ているのでも面白でした。

同じ層を狙うのであればSEA のような関わり、仕掛けの方が個人的には好きです。

 

himukazu0616.hatenablog.com