hehishim

Art,Books,Culture in Tokyo,Japan

安藤忠雄展 @国立新美術館

機能性と合理性で埋め尽くされた都市に風穴をあけることが出来ないかー

 

展示構成の中の「余白の空間」 冒頭のキャプションにあった

この言葉がとても響いています。

 

強いコンテンツや非日常を突き詰めた奇抜さで

人の意識と時間を割いてもらうというのではなくて

日常に溶け込んでる中で、ちょっとした余白を感じる時を作る

 

f:id:himukazu0616:20171014153920j:image

光の教会

 

建築がどういうものかは詳しくないのけれど

「届ける」ためのコンテンツが多い世の中で

「通り過ぎていく」ためのコンテンツであるように感じています

 

一定空間に留まるその人の時間を少しリフさせる

それがじわじわ溜まっていく感じ

 

静かなものに惹かれるのって歳重ねていくにつれて多くなっています。