初心者がPython やるでvol.1

経過報告含めて。

ネットワーク分析がしたいのです。とても。
マルチ的な話ではない方ね。


情報の伝播の仕組みに関して
この本に出会ったのが学生時代。 

スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法

スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法

  • 作者: ダンカンワッツ,Duncan J. Watts,辻竜平,友知政樹
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2004/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 73回
  • この商品を含むブログ (82件) を見る
 

 それからこのダンカンワッツさんと、
バラバシさんの研究分析は全部読んで。面白いと思っているずっと。

6次の繋がりと、3次の影響って言葉がある。
ネットワークは6次まで繋がってくと本当に地球の裏側まで行って、
そのネットワークの強さや伝播の仕方は、組み方で随分変わる。

んで、それがpythonで分析できる。
ネットワーク分析やら、言語の伝播とかもTwitterAPIやらでできる。

でも、HTMLでサイト作ったり(コピペばっかね)
ぐらいしかしないので、全くのプログラム音痴。

目標は2月末までに、特定の言葉の伝播を分析すること。
それをグラフ化すること。これを単にコピペじゃなくて、理解してやること。
基本的な式は頭入れました。次本読んで勉強します。
まずはオライリーの下記。ネットでも変えるけれど、渋谷のBOOK LAB TOKYOにも売っているよ。

日記で成果経過は書いてみる。
成果報告大事。

 

入門 Python 3

入門 Python 3